*

録音データをCDディスクに書き込む方法・ファイル形式を設定

ラジオグラバー3から、CDに書き込む機能が追加されました。CDディスクへ書き込む方法を見ていきます。

書き込み機能は「.wav」形式(デフォルト)の音声ファイルが対象となるので、ファイル形式の設定を確認しておきましょう。

 

CDへ書き込む方法

1. まず、空のCD-Rをディスクドライブに挿入します。ラジオグラバーを起動し【設定・ツール】タブから【CD書込み】ボタンをクリックします。

cdburn01

 

2. 【CD書込み】画面の左上にある「+」ボタンをクリックします。

cdburn02

 

3. すると、書き込み対象ファイルの選択ダイアログが表示されるので、書き込みをしたいファイルの格納フォルダを選択して、書き込みしたいファイルをクリックし選択、画面右下の「開く(O)」ボタンをクリック。

cdburn03

 

4. 【CD書込み】画面に、選択した音声ファイルが表示されます。続いて、他の音声ファイルもCDに書き込みたい場合は、「追加」で音声ファイルを追加しましょう。

書き込みたい音声ファイルの選択が終了したら「Start」をクリック。

cdburn04

 

5. 書き込み中(〇〇%…)と表示されるので、しばらく待ちます。

cdburn05

 

6. 「書き込み成功しました」と表示されたら終了です。

cdburn06

 

WAVE / MP3などファイルを設定する方法

ラジオグラバーでは、デフォルトのWAVE形式の他、MP3やWMAといったファイル形式でも録音保存ができます。

CDへの書き込み機能は「.wav」形式の音声ファイルが対象となるので、デフォルトではそうなっているはずですが、確認しておきましょう。

WAVEは、高音質で録音ができる形式ですが、ファイルサイズも大きくなり、MP3やWMAは、WAVEに比べると音質は落ちるものの、ファイルサイズは1/10以下におさえられます。

 

操作手順

1. ラジオグラバーを起動して、【設定】ボタンをクリック

fileformat1

 

2. 設定画面の「保存形式の変更」から、WAV(WAVE形式)/ MP3 / WMAの中からファイル形式を選択できます。

fileformat2

 

3. 「保存」ボタンをクリックして、設定画面を終了します。

fileformat3

 

関連記事

記事はありませんでした

  • ラジオグラバーの概要については、投稿時点の情報になりますので、対応サイトや価格等の情報が古くなっている場合もあります。また、個人的な主観や口コミ評判が含まれている部分もありますので、最新の情報については、公式サイトにて必ずご確認下さい。
PAGE TOP ↑